生もずくのちから

Home 生もずくのちから

管理栄養士が語る生もずくの可能性

お薬に頼りっぱなしにならないために。食生活に生もずくのススメ。

もずくに含まれる成分であるフコイダンについて、名前を聞いたことのある人は多いでしょう。もずく独特のあのぬるぬるはこのフコイダンによるものなのです。フコイダンは食物繊維の一種。食物繊維は水に溶けやすい=水溶性と、水に溶けにくい=不溶性の二種類がありますが、フコイダンは水溶性になります。
この水溶性食物繊維は、粘質性と保水性があるのが特徴で、糖分を吸収する速度をゆるやかにし、食後の血糖値の急激な上昇を抑えるはたらきがあるといわれています。また、血液中のコレステロール値を減少させるはたらきがあることから、糖尿病や高脂血症の方に効果的とされています。

さまざまな働きをもつ食物繊維。食事の組み合わせでも効果が変わります。

一方の不溶性の食物繊維は排便をうながすはたらきから、便秘解消が期待できます。ではそれぞれの食物繊維はどんな食物に含まれているのでしょう。不溶性は野菜や豆などに、水溶性は、もずくや海藻、オクラやナメコなどに含まれています。ここで一度思い返してみてください。普段の食事でどちらの食物繊維を多く摂っているでしょうか。
組み合わせや食べ方の工夫も必要です。たとえば酢や乳製品には食物を胃から腸へ送る時間を遅らせます。

調理方法も味付けも自在。生もずくの自然の力で体内をコントロール。

生もずくに豊富に含まれるフコイダンですが、そもそも1970年ごろから盛んに研究が進められてきました。当時より、健康に対するさまざまな有用性が認められていたのです。しかし、食の欧米化が進み、わが国では食物繊維の摂取量が減少しています。ダイエット中の方はなおさら。だからこそ、水溶性食物繊維を豊富に含む生もずくを食べていただきたいのです。 この生もずくは味付けをしていないので、市販品のような酸っぱいものが苦手な人でも大丈夫。また、調理方法を限定していないので、主食からデザートまで応用できるのも便利な点です。 毎日の健康は、食卓からはじまります。宮古島のきれいな海で育ったこの生もずくで、ヘルシーライフを満喫しましょう。

美容と健康

美容と健康を両立させる生もずくの効果

効果1

ダイエットしたい肩に最適の低カロリー 100gあたりのカロリーはわずか6キロカロリー。美容食として適しています。

効果2

生活週間の予防に「ぬめり」が効く もずく独特の「ぬめり」が血液凝固を防ぎ、コレステロールを低下させるなど、生活週間予防の効果が期待できます。

効果3

優れた栄養価でアンチエイジング ミネラルやフコイダンを多く含んでおり、毛髪やお肌、体内にわたって健康維持に最適です。

また、宮古島生もずくは塩蔵・味付けされていない為、味付けや調理方法が自由なので、毎日食べても飽きません。
レシピ情報はこちら

生もずくの成分

フコイダン、ミネラルの栄養たっぷりな宮古島生もずく

宮古島生もずくの最大の特徴はミネラル食物繊維です。

ミネラル・・・カルシウム・マグネシウム

モズクは理想的なカルシウム供給源
現在の日本人に不足しがちな栄養素、カルシウム。骨粗しょう症が増加する主原因です。
モズクのカルシウム含量は牛乳と同じく100gあたり100mgですが、マグネシウムは牛乳より多く含まれています。
マグネシウムは、カルシウムの細胞内への異常な取込の防止、骨へのカルシウム沈着の促進などが明らかにされた栄養素です。
カルシウムとマグネシウムをバランス良く摂取できる『もずく』は理想的なカルシウム供給源となる食品といえます。

食物繊維・・・アルギン酸・フコイダン

アルギン酸
モズク多糖類の80%を占めるアルギン酸が“ぬるぬる”です。
アルギン酸は、体内で塩分(ナトリウム)と結合して一緒に体外に出し、悪玉コレステロールを減し、むくみをなくす働きがあると言われています。
また、アルギン酸は各種のガンを予防する効果もあると言われています。

フコイダン
フコイダンとは、多糖類と呼ばれる糖の仲間で、海藻、特にもずく、昆布、わかめ等に含まれている海藻のぬるぬる成分です。
広い範囲の生理活性作用を持つ物質で、近年注目を集めている多糖体です。
フコイダンの構成は、それぞれの海藻によって異なりますが、基本的な構成はフコース、硫酸化フコース、その他の糖が連結した総称がフコイダンです。

フコイダンの働き

糖尿病や高脂血症、ダイエットなど食事制限中の方に最適!

近年の様々な研究の中で、以下のようなフコイダンの働きがほうこくされています。

肥満、
糖尿病予防
食物繊維が砂糖などの栄養素の急激な吸収を緩和する為、糖尿病を予防することができると言われています。
抗ガン作用・
便秘予防
消化吸収されない食物繊維は、便を多量に形成して便が大腸内に留まる時間を短縮するので、便秘を予防して大腸ガンを予防すると考えられています。
フコイダンはガン細胞だけのアポトーシスを起こし、がん細胞を消滅させると言われています。(アポトーシスとは、種の存続に不要な細胞を自滅する作用)
坑潰瘍作用 ピロリ菌は胃壁の弱っている部分に作用し胃潰瘍を発病させます。
フコイダンは、ピロリ菌が胃壁に作用するのを阻止し、予防だけでなくできた胃潰瘍を修復するとも言われています。
動脈硬化を予防 フコイダンには、どろどろの血を改善してくれる作用が報告されており、毎日食べ続けることで生活習慣病と言われている動脈硬化の予防にもなると考えられています。
低コレステロール作用 フコイダンは、コレステロールを包み込み、体外へ排出します。また、体にとって有効な善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという報告もあります。
抗酸化作用 フコイダンはビタミンCと同じ抗酸化物質で、活性酸素による体のさび化を防ぎ、守ってくれます。
整腸作用 食物繊維は、腸の働きを助けてくれている善玉菌と呼ばれている腸内細菌の栄養源となり、腸の働きを活発化し、腸のお掃除をしてくれると言われています。
従来のもずくと宮古島生もずくの成分比較
  従来の塩蔵もずく 宮古島生もずく
水分 97.4% 91.0%
たんぱく質 0.08% 0.66%
脂質 0.05% 0.18%
糖質 0.85% 2.97%
食物繊維 1.17% 3.83%